研究内容

ナノカーボン材料(カーボンドット)

概要

 カーボンドット(Carbon dots, C-dots)は、炭素源を骨格とした10nm以下の小さなナノカーボン材料であり、水に良く分散して、かつ優れた蛍光特性を示す材料である。我々は、ボトムアップのプロセスでC-dotsを作製しており、合成原料によって、サイズ、表面状態、官能基の種類、化学的安定性、溶媒分散性、発光色などを多様に制御可能である。既存の蛍光材料に変わる有望な蛍光物質として、基礎と応用の両方の観点から、構造の解析や蛍光挙動の理解について研究を進めている。

用途

バイオセンサ、バイオマーカー、イメージング、ディスプレイ、固体レーザ、LED、光触媒、光電極材料など光学分野・電子分野に広く応用展開可能で有望な材料である。

成果・論文等