研究内容

最新研究トピックス一覧

ナノ材料研究

  • 研究テーマ3

    Ptケージ構造を有するNi-Ptナノ粒子の
    生成機構解明および触媒活性評価

     市販のものに比べ高い触媒活性を示すPtケージ構造を有するNi-Ptナノ粒子の作製に成功し、生成機構を実験的・理論的に解明しました。
  • 研究テーマ4

    Ni-Pdナノ粒子合成における形態制御技術
    の確立

     アルコール還元法を用いて還元条件を制御することで合成コアシェルおよび合金Ni-Pd NPsを設計する手法を開発しました。
  • 研究テーマ5

    シリカ被覆マグネタイトナノ粒子の作製および
    磁気特性評価

     マグネタイトナノ粒子を非磁性シリカ層で被覆し、磁気的相互作用のないナノ粒子(7.8-15.0 nm)の磁気特性評価を行いました。
  • 研究テーマ6

    分散性に優れた粒径20-30 nmの単分散
    マグネタイトサスペンションの作製

     オレイン酸、オレイルアミン、ポリアクリル酸と鉄アセチルアセトネートを用いた無溶媒法によりマグネタイトナノ粒子を作製しました。
  • 研究テーマ7

    アルコール還元法によるCu-Niナノワイヤー
    生成機構の解明

     アルコール還元法を用いたCu‐Ni NWsの形成機構を調べ、反応スキームを提案しました 。
  • 研究テーマ8

    Cu2ZnSn(S1-xSex)4半導体ナノ粒子合成と
    特性評価

     様々なS / Se比とそれらの構造的、形態学的および光学的性質を有するCZTSSeの溶液プロセスによる合成を行いました。
  • 研究テーマ9

    アルコール還元法を用いた銀ナノワイヤーの
    合成における保護剤の影響

     N-ビニル-2-ピロリドンと各モノマーのコポリマーを保護剤に用いて、アルコール還元法によりAg NWsのアスペクト比への影響を調べました。
  • 研究テーマ10

    CVD法を用いたグラフェンの合成と特性制御

     CH4を始めとする各種ガスや金属触媒およびその性質が、グラフェンの特性に与える影響を明らかにし、優れた特性を有するグラフェンの合成技術を確立しました。
  • 研究テーマ11

    実用ハイパーサーミアに適したマグネタイトナノ粒子の合成と発熱特性

     単分散で粒径制御したマグネタイトナノ粒子の合成と広範囲交流磁場下における発熱挙動を実験的に明らかにしました。
  • 研究テーマ12

    酸化鉄ナノ粒子触媒を用いた
    単層カーボンナノチューブのCVD合成

     熱分解法によって10 nm以下の酸化鉄ナノ粒子を作製し、触媒として用いることで、CVD法によるSWCNT作製の合成条件を模索しました。

メソスコピック材料研究

バルク材料研究

  • 研究テーマ15

    V-Ni系σ相合金の結晶構造と水素吸蔵特性に
    対する第3元素置換効果

     V70Ni28.5Ti1.5・V66.5Ni30Fe3.5・V66.5Ni30Al3.5 合金ではTi やAl の添加により水素吸蔵量は増加傾向を示しました。
  • 研究テーマ16

    bct構造を持つFeCo基合金の作製を目指した
    各種手法の検討

     ***
  • 研究テーマ17

    Nb-Al系合金の結晶構造と水素吸蔵特性

     A15(Cr 3 Si型)Nb‐Al合金の結晶構造と水素吸収特性を調べ、最大水素含有量は20℃で約0.7H / Mに達しました。
  • 研究テーマ18

    非平衡相V-Ni合金の結晶構造と水素吸蔵特性
    形態制御技術の確立

     平衡σ相よりもバナジウム濃度が高い非平衡σ相を調製し、Ni-Vσ相はそれらの結晶構造を保持しながら、0.3 H / M まで水素を吸収しました。
  • 研究テーマ19

    マンガニン合金のTCR特性の機構

     マンガニン中のマンガンの一部を他の金属で置換することを目的とし、種々の熱処理したCu‐MnとCu‐Mn‐Ni合金の硬さと相特性を状態図より研究しました。
  • 研究テーマ20

    第三元素を添加したFeCo合金の作製プロセスと
    材料特性

     BCT構造を持つFe-Co合金を目指し、Fe-Co-C・Fe-Co-B合金の作製をマルテンサイト変態と液体急冷法より試み、磁気特性評価をしました。
  • 研究テーマ21

    高水素解離圧を有する水素吸蔵合金の電気化学的評価

     ラーベス相を有するTi‐Cr合金を電解充電法により水素化し、水素吸蔵能をそれらの電気化学的水素化特性の測定より調べました。
  • 研究テーマ22

    プラズマ窒化処理によるFeVおよびK
    FeCoV合金の歪みの発生の検討

     ***