教育内容

B. ジャヤデワン 教授

  • B.ジャヤデワン
  • 【氏名】
    バラチャンドラン・ジャヤデワン

    【専門・研究テーマ】
    ・水系、および非水系におけるナノ粒子の合成技術の開発と応用
    ・磁性材料・誘電材料の微粒子化と高分散化
    ・材料高純度化のための技術開発

略歴

1980年
スリランカ モラトワ大学工学部資源工学科 卒業
1981年~1991年
スリランカ国立研究所鉱物技術部 研究員
1987年
スリランカ モラトワ大学院工学研究科 修士(工学)
1987年~1988年
スウェーデン ルーリヨウ大学鉱物処理部 在学研究員
1991年
秋田大学大学院鉱山研究科 修士(工学)
1994年
東北大学院工学研究科 資源工学専攻 博士(工学)
1994年~1996年
東北大学工学部 助手
1996年~1999年
秋田大学鉱山学部 講師
1999年~2006年
東北大学院工学研究科 准教授
2006年~2010年
東北大学大学院環境科学研究科 教授
2010年~   
滋賀県立大学 工学部 材料科学科 学科長

現在取り組んでいる主な研究テーマ

  • 自給循環型白金ミニマム化合金微粒子触媒の創製
  • GHz帯高周波材料としての応用を目指した鉄ベース合金微粒子の関係
  • 太陽光発電セル用酸化銅および硫化銅の合成技術開発
  • ナノ炭素材料の開発(Graphene)
    ※すでに開発されているFeNi、Ni、Cu、マグタイト、Fe、ナノ粒子を触媒として