評価装置

振動試料型磁力計 (VSM)

概要と仕様

磁気特性評価装置振動試料型磁力計 (Vibrating Sample Magnetometer
:VSM) は磁気特性の評価装置である。均一磁場中においた試料付近に検出コイルをおき、試料を一定周期(~80Hz,振幅~0.5mm)で振動させる。磁化された試料がつくる磁場が試料の振動とともに動き、検出コイルを通過する磁束が変化する。磁束変化によって検出コイルには磁化の大きさに比例した誘電起電力が発生する。サーチコイルには外部磁場の電流も流れるが、試料の振動と同周期の成分のみを取り出すことで、試料のみの磁化が得られる。
磁気記録媒体や磁気温熱療法等の応用にむけた特性評価に用いられます。