最新ニュース

2019年10月01日NEW
「発表論文リスト」を更新しました。
  • 【発表論文リスト】はこちら
  • 2019年10月01日NEW
    石島 政直 氏が博士後期課程として当研究室に配属されました。プロフィールを更新しました。
    2019年6月25日NEW
    評価装置(TEM, Dip coater)を更新しました。
    2019年4月15日
    研究室メンバーを更新しました。
    2019年3月22日
    「Photo Gallery」を更新しました。
  • 【Photo Gallery】はこちら
  • 2019年3月21日
    2018年度滋賀県立大学卒業式が行われ、本研究室から8名の学部卒業生と2名の修士修了生が卒業しました。
    2019年1月28日
    「最新研究トピックス」を更新しました。
  • 【最新研究トピックス】はこちら
  • 2018年12月27日
    「発表論文リスト」を更新しました。
  • 【発表論文リスト】はこちら
  • 2018年10月25日
    研究内容「メソスコピック材料に関する研究」を更新しました。
    2018年9月3日
    最新国際発表を更新しました。
    2018年8月31日
    最新公表論文を更新しました。
    2018年8月31日
    最新国内発表を更新しました。
    2017年5月16日
    アイルランドのダブリンで行われた『INTERMAG Europe 2017』にてジャヤ教授が発表されました。
    2017年4月12日
    新年度から鈴木一正助教が当研究室に着任されました。プロフィールを更新しました。
    2017年4月12日
    研究室メンバーを更新しました。
    2017年3月30日
    最新国内発表と最新国際発表を更新しました。
    2017年1月10日
    ☆☆優秀講演賞受賞☆☆平成28年度 磁性流体連合講演会で福本浩哉君が優秀講演賞を受賞しました。『マグネタイトナノ粒子の厳密な磁気特性評価を目指して』
    2017年1月10日
    最新国内発表を更新しました。
    2017年1月10日
    最新国際発表を更新しました。
    2016年8月3日
    7/11-7/13 本学で開催された『2ndInternational Conference of Polyol Mediated Synthesis』の記事が7/13の中日新聞に掲載されました。
    2016年7月19日
    ☆☆Poster賞☆受賞☆☆ 7/11-7/13 本学で開催された『2ndInternational Conference of Polyol Mediated Synthesis』で漆崎君がポスター賞を受賞しました。『Synthesis of copper nanowires by using Cu(NO3)2-PVP-EG system』
    2016年7月19日
    最新国際発表を更新しました。
    2016年7月19日
    最新公表論文を更新しました。
    2016年6月28日
    ☆セミナーのご案内☆ TOPページにセミナーのご案内ポスターを掲載しました。-Synthesis and Application of Magnetic and Conductive Nanostructures(磁性および導電性を持つナノ構造体の磁性および導電性ナノ構造材料の合成とその応用)- 日時:2016年6月30日(木) 場所:滋賀県立大学
    2016年3月31日
    最新国内発表を更新しました。
    2015年12月22日
    最新国際発表を更新しました。
    2015年7月24日
    ☆☆Best Poster賞☆受賞☆☆ 7/5-7/10 スペインのバルセロナで開催された『ICM2015』でベストポスター賞を受賞しました。Preparation and Magnetic Properties of Interaction-free Magnetite Nanoparticles M. Fukunaga, I. Furukawa, Jhon Cuya, H. Mamiya and B. Jeyadevan
    2015年5月15日
    最新公表論文を更新しました。
    2015年4月22日
    最新国内発表と最新国際発表を更新しました。
    2015年4月3日
    最新国内発表を更新しました。
    2014年12月5日
    最新国際発表を更新しました。
    2014年12月1日
    最新国内発表を更新しました。
    2014年10月14日
    最新国内発表を更新しました。
    2014年10月08日
    平成26年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー学会合同研究発表会において北岸くんが『Cu2ZnSn(S1-xSex)4半導体ナノ粒子の液相合成と光学特性評価  北岸桂祐・岩本多加志・クヤジョン・秋山 毅・宮村 弘・ジャヤデワンバラチャンドラン』について発表します。発表場所・日時:いわき市文化センター・2014年11月13日(木)・14日(金)
    2014年10月08日
    第4回CSJ化学フェスタ2014において北岸くんが『液相法を用いたCu2ZnSn(S1-xSex)4ナノ粒子合成と光学特性評価  北岸桂祐・岩本多加志・クヤジョン・秋山 毅・宮村 弘・ジャヤデワンバラチャンドラン』について発表します。日時・場所:タワーホール船堀・2014年10月14日(火)~16日(木)
    2014年10月08日
    日本分析化学会第63年会において右近寿一郎さんが『ポーラスな基板上に展開した銀ナノ粒子によるSARS効果  ㈱右近工舎・滋賀県立大学工学部・香川大学工学部・産業技術総合研究所  右近寿一郎・バラチャンドラン ジャヤデワン・ジョン クヤ・山本裕子・伊藤民武』発表しました。日時・場所:広島大学・2014年9月17日(水)から19日(金)
    2013年5月4日
    滋賀県立大学材料科学科金属材料分野とパリ7大学の間ではSAKURA PROGRAM (日仏セミナー)が採択され2013年4月~2015年3月 (2年間)間で実施されることになりました。
    2013年5月4日
    NIMSナノテクノロジープラットフォームセンターにおける厳正な選考の結果,米国NNIN施設利用の夏季研修プログラムに 砂山(M1)が参加者として採択されました。
    2013年4月1日
    金属材料分野に特任助教として新しいスタッフが加われました。
    2013年3月20日
    卒業式が行われ、金属材料分野からは10名の卒業生と1名修了生が無事卒業しました。

    最新 発表論文     【発表論文リスト】はこちら

    2019年9月10日NEW
    "Surface treatment of Cu nanowires using hydroxy acids to form oxide-free Cu junctions for high-performance transparent conductive film",
    S. Yokoyama, et.al.,Colloid. Surf. A, 2019, 583, 123939.
    2018年12月27日NEW
    "Magnetic Field Stimuli-Sensitive Drug Release Using a Magnetic Thermal Seed Coated with Thermal-Responsive Molecularly Imprinted Polymer",
    T. Kubo, et.al.,ACS Biomater. Sci. Eng., 2019, 5, 759.
    2018年12月24日NEW
    "Designed synthesis of highly catalytic Ni-Pt nanoparticles for fuel cell applications", K. Taniguchi, et al.,
    SN Applied Sciences, 2019, 1, 124.
    2018年8月31日NEW
    "Large-Scale Cu Nanowire Synthesis by PVP-Ethylene Glycol Route", Jhon L. Cuya Huaman, et al., Journal of Nanomaterials, 2018, 1698327, p10.
    2018年8月31日NEW
    "Design of monoalcohol-Copolymer system for high quality silver nanowires", S. Sugiyama, et al., Journal of Colloid and Interface Science, 2018, 527, 315.
    2018年8月31日NEW
    "Environmentally friendly synthesis and formation mechanism of copper nanowires with controlled aspect ratios from aqueous solution with ascorbicy", S. Yokoyama, et al., Journal of Colloid and Interface Science, 2018, 531, 109.
    2018年8月31日
    "In situ spectroscopic studies of the one-pot synthesis of composition-controlled Cu-Ni nanowires with enhanced catalytic activity" New Journal of Chemistry, 42, p13044-13053 : M. Ishijima, et al.,
    2018年8月31日
    "Preparation of magnetic Fe-Co alloy using texture controlled technique" Journal of Magnetism and Magnetic Materials, 465, p64-69 : Saori Honjo, Shiomi Kikuchi, Akimasa Sakuma, Shunji Ishio, Jeyadevan Balachandran
    2018年8月31日
    "Design of monoalcohol-Copolmer system for high quality silver nanowires" Journal of Colloid and Interface Science, 527, 1, p315-327 : Shintaro Sugiyama , Shun Yokoyama , Jhon L. Cuya Huaman , Shohei Idaa, Takatoshi Matsumoto , Daisuke Kodama , Kimitaka Sato , Hiroshi Miyamura , Yoshitsugu Hirokawa , Jeyadevan Balachandran
    2018年8月31日
    "Practical Solution for Effective Whole-Body Magnetic Fluid Hyperthermia Treatment" Journal of Nanomaterials,2017,p1-7 : Hiroaki Mamiya, Yoshihiko Takeda, Takashi Naka, Naoki Kawazoe, Guoping Chen, Balachandran Jeyadevan
    2016年7月19日
    "Field induced anisotropic thermal conductivity of silver nanowire dispersed-magnetic functional fluid" Experimental experimental Tharmal and Fluid Science, : Yuhiro Iwamoto, Atsushi Yoshioka, Takuya Naito, Jhon Cuya, Yasushi Ido, Ryo Okawa, Balachandran Jeyadevan, Hiroshi Yamaguchi
    2016年7月19日
    "Composition-controlled Fe-Ni alloy fine particles synthesized by reduction-annealing of polyol-derived Fe-Ni hydroxide" Material Transactions, : S. Fujieda, W. Miyamura, K. Shinoda, S. Suzuki, B. Jeyadevan, (Accepted)
    2015年05月14日
    "Dissolution and reduction of cobalt ions in the polyol process using ethylene glycol: identification of the active species and its role",New Journal of Chemistry: Takatoshi Matsumoto, Kazuma Takahashi, Keisuke Kitagishi, Kozo Shinoda, Jhon L. Cuya Huaman, Jean-Yves Piquemalc and Balachandran Jeyadevan, Apr.2015
    2015年05月14日
    "Formation of Pt decorated Ni?Pt nanocubes through low temperature atomic diffusion ? time-resolved elemental analysis of nanoparticle formation ",Nanoscale: Nagao, K. Higashimine, J. L. Cuya Huaman, T. Iwamoto, T. Matsumoto, Y. Inoue, S. Maenosono, H. Miyamura and B. Jeyadevan, Apr.2015
    2014年09月12日
    "Magnetic Hysteresis Loop in a Superparamagnetic State",IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS,50
    2014年09月12日
    "Novel Pd-Core-Pd-Ni Shell in Pt Nanocage",RSC Advances,
    2014年09月12日
    "Large-scale synthesis of ITO nanoparticles in an alcohol system assisted by acids",New J. Chem,
    2014年09月12日
    "Synthesis of crystalline Cu2O nanoparticles using long chained alcohol",Material Research Express
    2014年09月12日
    "Recent advances in understanding magnetic nanoparticles in AC magnetic field and optimal design for targeted hyperthemia",Journal of Nanomaterials
    2014年09月12日
    "Size-controlled monodispersed nickel nanocrystals using 2-octanol as reducing agent",Crystal Engineering Communication,15,4,729-743
    2014年09月12日
    "Disorder-Order Transformation and Local Structure Changes of FePtNanoparticles Synthesized by Polyol Process",IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS,49,7,0018-9464
    2014年09月12日
    "Formation of Nonequilibrium Magnetic Nanoparticle Structures in a Large Alternating Magnetic Field and Their Influence on Magnetic Hyperthermia Treatment",IEEE TANSACTIONS ON MAGNETICS,48,11,3258-3261
    2014年09月12日
    "Potential of sub-micron-sized Fe-Co particles for antenna applications",JOURNAL OF APPLIED PHYSICS,111,07A331-1-07A331-3
    2014年09月12日
    "Synthesis of copper nanoparticles by polyol/alcohol reduction method",MRS proceedings,37,144-149
    2014年09月12日
    "Low temperature synthesis of FePt alloy nanoparticles by polyol process",Journal of Physics: Conference Series,352,012020(1)-012020(6)
    2014年09月12日
    "Synthesis of Ni Carbide Nanoparticles with Ni3C-Type Structure in Polyol Solution Containing Dispersant",Materials Transactions,53,1716-1720
    2014年09月12日
    "Preparation of magnetite aqueous dispersion for magnetic fluid hyperthermia",Journal of Magnetism and Magnetic Materials,323,1216-1222
    2014年09月12日
    "Hyperthermic effects of dissipative structures of magnetic nanoparticles in large alternating magnetic fields",Scientific Reports,0.150694444444444,1-7
    2014年09月12日
    "Low temperature synthesis of ITO nanoparticles using polyol process",Journal of Physics and Chemistry of Solids,72,1212-1217
    2014年09月12日
    "Novel standing Ni-Pt alloy nanocubes",Crystal Engineering Communication,13,3364-3369
    2014年09月12日
    "Copper nanoparticles synthesized by hydroxyl ion assisted alcohol reduction for conducting ink",Journal of Materials Chemistry,21,7062-7069
    2014年09月12日
    "Optimal design of nanomagnets for targeted hyperthermia"Journal of Magnetism and Magnetic Materials,323,1422-1477
    2014年09月12日
    "Grain size effect on the phase transformation temperature of nanostructured CuFe2O4", JOURNAL OF APPLIED PHYSICS,109,013532-1-013532-6
    2014年09月12日
    "Structures and photovoltaic properties of copper oxides/fullerene solar cells"Journal of Physics and Chemistry of Solids,72,1206-1211
    2014年09月12日
    "Structure and photovoltaic activity of cupric oxide-based thin film solar cells",Journal of the Ceramic Society of Japan,188,11,1021-1023
    2014年09月12日
    "Continuous synthesis of fine MgFe2O4 nanoparticles by supercritical hydrothermal reaction",The Journal of Supercritical Fluids,53,41277,92-94
    2014年09月12日
    "Gas-phase flame synthesis and properties of magnetic iron oxide nanoparticles with reduced oxidation state",Journal of Aerosol Science,41,3,257-265
    2014年09月12日
    "Heat dissipation characteristics of magnetite nanoparticles and their application to macrophage cells",Physics Procedia,9,186-189
    2013年03月16日
    "Present status and prospects of magnetite nanoparticles-based hyperthermia",Journal of the Ceramic Society of Japan,118,6,391-401
    2013年03月16日
    "Size controlled Fe nanoparticles through polyol process and their magnetic properties",Materials Chemistry and Physics ,123,487-493
    2013年03月16日
    "Inhibition of the Dissolution of Fe from Fe-Pt Nano Particles by a Structural Phase Transitions",Electrochemistry,78,2,157-160
    2013年03月16日
    "Synthesis of submicron sized Fe20Ni80 particles and their magnetic properties",JOURNAL OF APPLIED PHYSICS,107,09A320-09A320
    2013年03月16日
    "Synthesis and magnetic properties of platelet Fe?Co particles", JOURNAL OF APPLIED PHYSICS,107,09A329-09A329
    2013年03月16日
    "High-frequency Properties of Sub-micron-sized Fe-Co Particles",Journal of the Magnetics Society of Japan,34,503-507
    2013年03月16日
    "Order-Disorder Transformation of Fe50Co50 Particles Synthesized by Polyol Process",Materials Transactions,51,707-711

    最新 国内学会発表      【受賞一覧】はこちら

    2019年1月26日NEW
    M1の片桐さんが 第10回関西無機機能性材料研究会で発表し、 【最優秀ポスター賞】を受賞しました。
    More

    「強磁性とプラズモン共鳴効果を有する(Co-Pt)@Auコアシェルナノ粒子の創製」:〇片桐麻友、J.クヤ、鈴木一正、宮村弘、B.ジャヤデワン,関西大学 2019年1月26日
    2019年1月26日NEW
    M1の周藤くんが 第10回関西無機機能性材料研究会で発表し、 【優秀ポスター賞】を受賞しました。
    More

    「磁性流体中マグネタイトナノ粒子間に働く磁気的な協力現象の解明」:〇周藤宏典、J.クヤ、鈴木一正、宮村弘、B.ジャヤデワン,関西大学 2019年1月26日
    2019年1月26日NEW
    M1の寺田くんが 第10回関西無機機能性材料研究会で発表しました。「計算化学的手法に基づいた高アスペクト比銀ナノワイヤの合成技術開拓」:〇寺田航平、J.クヤ、鈴木一正、宮村弘、B.ジャヤデワン,関西大学 2019年1月26日
    2019年1月26日NEW
    B4の田窪くんが 第10回関西無機機能性材料研究会で発表し、 【優秀ポスター賞】を受賞しました。
    More

    「メソ構造内でのC-dots合成に向けたミセルの炭化挙動及び蛍光特性の評価」:〇田窪悠大、J.クヤ、鈴木一正、宮村弘、B.ジャヤデワン,関西大学 2019年1月26日
    2018年12月07日
    M2の福本くんが 平成30年度磁性流体連合講演会で発表し、 【優秀講演賞】を
    3年連続受賞
    しました。
    More

    「サイズ・形状を制御したマグネタイトナノ粒子の合成手法開拓および結晶成長機構」
    〇福本浩哉、間宮広明、ジョンクヤ、鈴木一正、宮村弘、バラチャンドランジャヤデワン,(株)イチネンケミカルズ 研究開発センター 2018年12月6-7日
    2018年12月07日
    M1の周藤くんが 平成30年度磁性流体連合講演会で発表しました。
    「磁性流体中マグネタイトナノ粒子間に働く磁気的な協力現象の解明を目指して」
    〇周藤宏典、間宮広明、ジョンクヤ、鈴木一正、宮村弘、バラチャンドランジャヤデワン,(株)イチネンケミカルズ 研究開発センター 2018年12月6-7日
    2018年12月07日
    B4の大崎くんが 平成30年度資源素材学会関西支部 第15回「若手研究者・学生のための研究発表会」で発表し、
    【優秀発表賞】を受賞しました。
    More

    「FeCo基合金の保磁力増大を目指した添加元素による影響の評価」
    〇大崎康平、本庄さおり、浅尾裕太、宮村弘、鈴木一正、バラチャンドランジャヤデワン,滋賀県立大学 2018年12月7日
    2018年12月07日
    M2の谷口くんが 平成30年度資源素材学会関西支部 第15回「若手研究者・学生のための研究発表会」で発表しました。
    「In situ UV-VisおよびIn situ XAFSの同時測定を用いたPt錯体の構造変化およびNi-Ptナノ粒子組成制御の試み」
    〇谷口兼之、鈴木一正、宮村弘、クヤ.J、ジャヤデワン.B、篠田弘造、打越雅仁、横山俊,滋賀県立大学 2018年12月7日
    2018年12月07日
    M1の片桐さんが 平成30年度資源素材学会関西支部 第15回「若手研究者・学生のための研究発表会」で発表しました。
    「医療応用に適した磁性とプラズモン共鳴効果を有する(Co-Pt)コア/Auシェル三元系ナノ粒子の創製」
    〇片桐麻友、クヤ.J、鈴木一正、宮村弘、ジャヤデワン.B,滋賀県立大学 2018年12月7日
    2018年12月07日
    M1の寺田くんが 平成30年度資源素材学会関西支部 第15回「若手研究者・学生のための研究発表会」で発表しました。
    「高アスペクト比銀ナノワイヤの合成に向けたコポリマー保護材の開発」
    〇寺田航平、クヤ.J、鈴木一正、宮村弘、ジャヤデワン.B、松本高利,滋賀県立大学 2018年12月7日
    2018年12月07日
    B4の松尾くんが 平成30年度資源素材学会関西支部 第15回「若手研究者・学生のための研究発表会」で発表しました。
    「透明導電膜への応用に向けたアルコール還元法によるニッケル被覆銅ナノワイヤの合成」
    〇片桐麻友、クヤ.J、鈴木一正、宮村弘、ジャヤデワン.B,滋賀県立大学 2018年12月7日
    2018年11月14日
    M2の谷口くんが 日本化学会第8回CSJ化学フェスタ2018で発表し、
    【最優秀ポスター発表賞(CSJ化学フェスタ賞)】を受賞しました。
    More

    「組成制御可能なNi-PtおよびNi-Pt-Pdナノ粒子の合成と触媒活性評価」〇谷口兼之、バラチャンドランジャヤデワン, タワーホール船堀 2018年10月23-25日
    2018年9月14日
    M2の福本くんが 第42回日本磁気学会学術講演会で発表しました。
    「磁気的粒子間相互作用の無い状態におけるサイズおよび形状の異なるマグネタイトナノ粒子の磁気特性」:〇福本浩哉、間宮広明、ジョンクヤ、鈴木一正、宮村弘、バラチャンドランジャヤデワン, 日本大学理工学部 駿河台キャンパス 2018年9月11-14日
    2018年9月14日
    M1の周藤くんが 第42回日本磁気学会学術講演会で発表しました。
    「SAXSによる磁性流体中のナノ粒子の特性評価」:〇周藤宏典、間宮広明、ジョンクヤ、鈴木一正、宮村弘、バラチャンドランジャヤデワン, 日本大学理工学部 駿河台キャンパス 2018年9月11-14日
    2018年8月31日
    In situ UV-Vis およびXAFS測定を用いたNi-Ptナノキューブ形成過程におけるPt錯体の構造変化 : 日本化学会 第98春季年会(2018) 谷口兼之、篠田弘造、打越雅仁、クヤ・ジョン、鈴木一正、宮村弘、バラチャンドラン・ ジャヤデワン 日時・場所:日本大学理工学部 船橋キャンパス 2018年3月20日(火)~23日(金)
    2018年8月31日
    アルコール還元法による多機能性ナノ粒子設計に向けたCo-Ptナノ粒子の合成と磁気特性 : 日本化学会 第98春季年会(2018) 片桐麻友、ジョン・クヤ、クヤ・ジョン、鈴木一正、宮村弘、バラチャンドラン・ ジャヤデワン 日時・場所:日本大学理工学部 船橋キャンパス 2018年3月20日(火)~23日(金)
    2018年8月31日
    アルコール還元法による高アスペクト比を有する銀ナノワイヤ合成技術開発 : 日本化学会 第98春季年会(2018) 寺田航平、杉山慎太郎、クヤ・ジョン、松本高利、伊田翔平、鈴木一正、宮村弘、バラチャンドラン・ ジャヤデワン 日時・場所:日本大学理工学部 船橋キャンパス 2018年3月20日(火)~23日(金)
    2018年8月31日
    アンモニアガス窒化による銅の表面処理 : 資源・素材学会 関西支部 「若手研究者・学生のための研究発表会」(平成29年度 第14回) 上西貴之、鈴木一正、宮村弘、本庄さおり、J. クヤ、宮村弘、B. ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2017年12月15日(金) 
    2018年8月31日
    アルコール還元法を用いた銀ナノワイヤの合成と透明導電膜の特性評価 : 資源・素材学会 関西支部 「若手研究者・学生のための研究発表会」(平成29年度 第14回) 寺田航平、杉山慎太郎、宮村弘、C. ジョン、鈴木一正、宮村弘、バラチャンドラン・ ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2017年12月15日(金) 
    2018年8月31日
    Nb3Al型構造を有する合金の結晶構造解析と水素吸蔵特性 : 資源・素材学会 関西支部 「若手研究者・学生のための研究発表会」(平成29年度 第14回) 山下峻吾、宮村弘、本庄さおり、鈴木一正、バラチャンドラン・ ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2017年12月15日(金) 
    2018年8月31日
    高収率かつ優れた触媒活性を示すNi-Ptナノ粒子合成手法の開発 : 資源・素材学会 関西支部 「若手研究者・学生のための研究発表会」(平成29年度 第14回) 谷口兼之、鈴木一正、宮村弘、J.クヤ、B. ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2017年12月15日(金) 
    2018年8月31日
    多機能性ナノ粒子合成に向けたアルコール還元法によるCo-Ptナノ粒子の組成およびサイズ制御 : 資源・素材学会 関西支部 「若手研究者・学生のための研究発表会」(平成29年度 第14回) 片桐麻友、ジョン・クヤ、鈴木一正、宮村弘、バラチャンドラン. ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2017年12月15日(金) 
    2018年8月31日
    異なる粒径の八面体マグネタイトナノ粒子の磁気特性 : 資源・素材学会 関西支部 「若手研究者・学生のための研究発表会」(平成29年度 第14回) 福本浩哉、鈴木一正、ジョン・クヤ、宮村弘、バラチャンドラン. ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2017年12月15日(金) 
    2018年8月31日
    次世代デバイスのためのナノ粒子・ナノワイヤ開発の現状と展望 : 第41回先端繊維素材研究委員会講演会 繊維加工研究委員会関西委員会講演会 バラチャンドラン. ジャヤデワン 日時・場所:京都大学宇治キャンパス 2017年12月1日 
    2018年8月31日
    ポリオール/アルコール還元法を用いた金属ナノワイヤ合成の現状と展望 : 第41回先端繊維素材研究委員会講演会 繊維加工研究委員会関西委員会講演会 バラチャンドラン. ジャヤデワン 日時・場所:京都大学宇治キャンパス 2017年12月1日 
    2018年8月31日
    アルコール還元法用いた金属ナノワイヤ現状と展望 : ナノインク懇話会 バラチャンドラン・ジャヤデワン(滋賀県立大学) 日時・場所:地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター 講堂  2017年10月27日 
    2016年12月9日
    Ni-Ptナノ粒子合成におけるPt還元率の向上および形態制御技術の開発 : 日本化学会 第97春季年会2017 谷口兼之、クヤ・ジョン、宮村 弘、バラチャンドラン・ジャヤデワン(滋賀県立大学) 日時・場所:慶応義塾大学 日吉キャンパス 2017年3月16日(木)~19(日) 
    2016年12月9日
    ポリオール法を用いた金属被覆による耐酸化性を有する銅ナノワイヤの合成・特性評価 : 日本化学会 第97春季年会2017 漆崎伊織(滋賀県立大学)、クヤ・ジョン、宮村 弘、バラチャンドラン・ジャヤデワン(滋賀県立大学) 日時・場所:慶応義塾大学 日吉キャンパス 2017年3月16日(木)~19(日) 
    2016年12月9日
    ナノ粒子設計を目的としたコバルト-エチレングリコール系における粒子生成機構の解明 : 日本化学会 第97春季年会2017 金子尚志(滋賀県立大学)、高橋一真(元滋賀県立大学)、クヤ・ジョン(物質材料研究機構)、松本高利(東北大学)、宮村 弘、バラチャンドラン・ジャヤデワン(滋賀県立大学) 日時・場所:慶応義塾大学 日吉キャンパス 2017年3月16日(木)~19(日) 
    2016年12月9日
    磁気相互作用の無いマグネタイトナノ粒子群の作製と磁気特性評価 : 日本化学会 第97春季年会2017 福本浩哉(滋賀県立大学)、西垣淳平(元滋賀県立大学)、間宮広明(物質材料研究機構)、クヤ・ジョン、宮村 弘、バラチャンドラン・ジャヤデワン(滋賀県立大学) 日時・場所:慶応義塾大学 日吉キャンパス 2017年3月16日(木)~19(日) 
    2016年12月9日
    アルコール還元法を用いた銀ナノワイヤ合成における保護剤の役割 : 資源・素材学会 関西支部 「若手研究者・学生のための研究発表会」(平成28年度 第13回) 杉山慎太郎、C.ジョン、宮村弘、B. ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2016年12月9日(金) 
    2016年12月9日
    磁石材料開発のためのFeCo基合金への歪導入 : 資源・素材学会 関西支部 「若手研究者・学生のための研究発表会」(平成28年度 第13回) 西田圭吾、礒田純平、宮村弘、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2016年12月9日(金) 
    2016年12月9日
    Cu(NO3)2-EG-PVP系を用いた銅ナノワイヤの合成 : 資源・素材学会 関西支部 「若手研究者・学生のための研究発表会」(平成28年度 第13回) 漆崎伊織、クヤ・ジョン、宮村弘、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2016年12月9日(金) 
    2016年12月9日
    アルコール還元法による一軸異方性を有する銅系二元系合金ナノ材料の合成 : 資源・素材学会 関西支部 「若手研究者・学生のための研究発表会」(平成28年度 第13回) 石島政直、クヤ・ジョン、宮村弘、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2016年12月9日(金) 
    2016年12月8日
    マグネタイトナノ粒子の厳密な磁気特性評価を目指して : 磁性流体連合講演会 (平成28年度 ) 福本浩哉(滋賀県立大学)、西垣淳平(元滋賀県立大学)、間宮広明(物質材料研究機構)、ジョン・クヤ、宮村 弘、バラチャンドラン・ジャヤデワン(滋賀県立大学) 日時・場所:北海道大学 札幌キャンパス 百年記念館 2016年12月8日(木) 
    2016年3月31日
    液体急冷によって作製した非平衡V-Ni合金の結晶構造と水素吸蔵特性 : 日本金属学会春期講演大会(2016、第158回) 樋口侑里、宮村弘、本庄さおり、ジョン クヤ、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:東京理科大学葛飾キャンパス 2016年3月23(水)~25日(金) 
    2016年3月31日
    アルコール還元法によるCu@Niナノワイヤの合成及び生成機構解明 : 日本化学会 第96春季年会  滋賀県大 石島 政直・クヤ ジョン・宮村 弘・バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:同志社大学 京田辺キャンパス2016年3月24日(木)~27日(日) 
    2016年3月31日
    ポリオール法を用いた高収率の銅ナノワイヤの合成 : 日本化学会 第96春季年会  滋賀県大 漆崎 伊織・クヤ ジョン・宮村 弘・バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:同志社大学 京田辺キャンパス2016年3月24日(木)~27日(日) 
    2016年3月31日
    アルコール還元法を用いた銀ナノワイヤ合成における保護剤の役割 : 日本化学会 第96春季年会  滋賀県大 杉山 慎太郎・クヤ ジョン・伊田 翔平 DOWAエレクトロニクス株式会社 兒玉 大輔・佐藤 王高 滋賀県大 廣川 能嗣・バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:同志社大学 京田辺キャンパス2016年3月24日(木)~27日(日) 
    2016年3月31日
    アルコール還元法を用いた、core-shell, alloy Ni-Pdナノ粒子の作製 : 日本化学会 第96春季年会  江川 鎮永・クヤ ジョン・宮村 弘・バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:同志社大学 京田辺キャンパス2016年3月24日(木)~27日(日) 
    2015年12月15日
    Ptケージ構造を有するNi-Ptナノ粒子の生成機構 : 一般社団法人 資源・素材学会 関西支部 平成27年度 第12回「若手研究者・学生のための研究発表会」 長尾 歩、宮村 弘、C.ジョン B. ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2015年12月11日(金) 
    2015年12月15日
    膜厚の異なるシリカ被覆マグネタイトナノ粒子を用いた粒子間磁気相互作用評価 : 一般社団法人 資源・素材学会 関西支部 平成27年度 第12回「若手研究者・学生のための研究発表会」 西垣淳平1、福永真夕1、古川逸朗1、ジョン クヤ、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン、間宮広明2 1(滋賀県立大),2(物質・材料研究機構) 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2015年12月11日(金) 
    2015年12月15日
    Co-エチレングリコール系におけるポリオール法の反応機構解明 : 一般社団法人 資源・素材学会 関西支部 平成27年度 第12回「若手研究者・学生のための研究発表会」 金子尚志、高橋一真、ジョン クヤ、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2015年12月11日(金) 
    2015年12月15日
    熱輸送材料としての銀ナノワイヤ分散磁気機能性流体の作製 : 一般社団法人 資源・素材学会 関西支部 平成27年度 第12回「若手研究者・学生のための研究発表会」 内藤拓也1、J.クヤ1、岩本悠宏2、井門康司3、宮村 弘1、B.ジャヤデワン 1(滋賀県立大),2(同志社大),3(名工大) 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2015年12月11日(金) 
    2015年12月15日
    Nb-Al系合金の水素吸蔵特性 : 一般社団法人 資源・素材学会 関西支部 平成27年度 第12回「若手研究者・学生のための研究発表会」 池尻 翔 、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2015年12月11日(金) 
    2015年12月15日
    グレインサイズを制御したグラフェンの合成と物性評価 : 一般社団法人 資源・素材学会 関西支部 平成27年度 第12回「若手研究者・学生のための研究発表会」 森 大輔、砂山裕貴、ジョン クヤ、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:キャンパスプラザ京都 2015年12月11日(金) 
    2015年12月15日
    磁性流体がん温熱療法の可能性と課題:物理の視点から : 磁性流体研究連絡会 平成27年度 磁性流体連合講演会 間宮広明1、B.Jeyadevan2、 1(物質・材料研究機構), 2(滋賀県立大) 日時・場所:静岡大学 浜松キャンパス 2015年12月3日(木)~4日(金) 
    2015年12月15日
    膜厚の異なるシリカ被覆マグネタイトナノ粒子の作製と磁気特性評価 : 磁性流体研究連絡会 平成27年度 磁性流体連合講演会 西垣淳平1、福永真夕1、古川逸朗1、間宮広明2、J.Cuya1、宮村 弘1 B.Jeyadevan1 1(滋賀県立大), 2(物質・材料研究機構) 日時・場所:静岡大学 浜松キャンパス 2015年12月3日(木)~4日(金) 
    2015年10月7日
    磁性材料開発のためのFeCo合金への一軸歪み導入の検討 : 日本金属学会 2015年秋期(第157回)講演大会 礒田 純平1、眞野 優穂2、宮村 弘1、本庄 さおり1、ジョン・クヤ1、バラチャンドラン・ジャヤデワン1 石尾 俊二3 1滋賀県立大, 2(現:アクアシステム),3秋田大 日時・場所:九州大学伊都キャンパス 2015年9月16日(水)~18日(金) 
    2015年4月22日
    NiPtナノ粒子におけるPt拡散特性の分子動力学的解析 : 日本コンピューター化学会 2015春季年会 長尾 歩1、石元 孝佳2、古山 通久2、宮村 弘1、ジョン・クヤ1、バラチャンドラン・ジャヤデワン11滋賀県立大学工学部材料科学科, 2九州大学稲盛フロンティア研究センター 日時・場所:東京工業大学大岡山キャンパス 2015年5月28日(木)~29日(金)
    2015年4月22日
    Can Polyol Reduction Process Contribute to Breakthroughs in NanomaterialSyntheses? ポリオール還元法はナノ材料開発の開拓に貢献できるのか(Invited) : ナノ学会 第13回大会 バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:東北大学 片平さくらホール 2015年5月11日(月)~13日(水)
    2015年4月3日
    Pt 骨組みに囲まれたNi ナノ粒子生成過程の解明 : 日本化学会 第95春季年会 滋賀県大 長尾 歩・岩本 多加志・ジョン クヤ・宮村 弘 北陸先端大 東嶺 孝一・前之園 信也 滋賀県大 バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:日本大学 理工学部船橋キャンパス 2015年3月26日(木)~29日(日)
    2015年4月3日
    ポリオール還元法を用いた高収率銀ナノワイヤの合成と極性・無極性溶媒分散インクの作製 :日本化学会 第95春季年会 滋賀県大 内藤 拓也・ジョン クヤ・宮村 弘・バラチャンドラン ジャヤデワン  日時・場所:日本大学 理工学部船橋キャンパス 2015年3月26日(木)~29日(日)
    2015年4月3日
    磁性材料創製のためのFeCo合金の集合組織制御 : 日本金属学会 第156回春期講演大会 滋賀県大 本庄さおり・ジョン クヤ・宮村 弘・菊池潮美 秋田大 石尾俊二滋賀県大 バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:東京大学駒場Iキャンパス 2015年3月18日(水)~20日(金)
    2015年4月3日
    水素化物生成元素を含まない合金に対する電解による水素化 : 日本金属学会 第156回春期講演大会 滋賀県大 宮村 弘・長野良紀・バラチャンドラン ジャヤデワン 東大工 徳満和人・森田一樹 富山大HRC 原 正憲・松山政夫 日時・場所:東京大学駒場Iキャンパス 2015年3月18日(水)~20日(金)
    2015年4月3日
    磁性材料開発のためのFeCo合金への一軸歪み導入の検討 : 日本金属学会 第156回春期講演大会 滋賀県大 礒田純平・宮村 弘・ジョン クヤ・バラチャンドラン ジャヤデワン 秋田大学 石尾俊二 日時・場所:東京大学駒場Iキャンパス 2015年3月18日(水)~20日(金)
    2014年12月01日
    ポリアクリル酸を被覆した粒径20?30 nm単分散マグネタイトナノ粒子の合成 : 平成26年度 磁性流体連合講演会 古川逸朗、高橋一真、ジョン クヤ、間宮広明、岩本多加志、宮村弘、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:物質・材料研究機構 2014年11月20日(火)~21日(木)
    2014年12月01日
    シリカコートマグネタイトナノ粒子の作製と特性評価 : 平成26年度 磁性流体連合講演会 福永真夕、古川逸朗、間宮広明、ジョン クヤ、岩本多加志、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:物質・材料研究機構 2014年11月20日(火)~21日(木)
    2014年12月01日
    Cu2ZnSn(S1-xSex)4半導体ナノ粒子の液相合成と光学特性評価 : 平成26年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー学会合同研究発表会 北岸桂祐、岩本多加志、ジョン クヤ、秋山 毅、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:いわき市文化センター 2014年11月13日(火)~14日(木)
    2014年10月14日
    液相法を用いたCu2ZnSn(S1-xSex)4ナノ粒子合成と光学特性評価 : 日本化学会秋季事業 第4回CSJ化学フェスタ2014 北岸桂祐、岩本多加志、ジョン クヤ、秋山 毅、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:タワーホール船堀 2014年10月14日(火)~16日(木)
    2014年10月08日
    ポーラスな基板上に展開した銀ナノ粒子によるSARS効果 : 日本分析化学会第63年会 ㈱右近工舎・滋賀県立大学工学部・香川大学工学部・産業技術総合研究所  右近寿一郎・バラチャンドラン ジャヤデワン・ジョン クヤ・山本裕子・伊藤民武 日時・場所:広島大学・2014年9月17日(水)から19日(金)
    2014年09月03日
    Synthesis of Concavo-Convex Graphene by Using Copper NPs as Catalyst: 第47回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム 砂山裕貴、宮村 弘、ジョン クヤ、佐藤義則、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:名古屋大学 IB電子情報館 2014年9月3日(水)から5日(金)
    2014年09月02日
    広範囲の交流磁界条件に適用可能なマグネタイトナノ粒子の合成物性と発熱特性: 第38回日本磁気学会学術講演会 岩本多加志、徳永充子、水野篤、間宮広明、ジョン クヤ、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:慶応義塾大学 日吉キャンパス 2014年9月2日(火)から5日(金)
    2014年09月02日
    コアーシェル構造CoPt-CoFe2O4粒子の作成および還元雰囲気下での熱処理過程における結晶構造および磁気特性: 第38回日本磁気学会(MSJ)学術講演会 日時・場所:慶応義塾大学、9月2日~5日
    2014年03月27日
    Cu2ZnSnS4およびCu2ZnSn(S1?xSex)4半導体ナノ粒子合成と特性評価: 日本化学会第94春季年会(2014) 北岸桂祐、岩本多加志、ジョン クヤ、秋山 毅、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン 日時・場所:
    2014年03月27日
    形態設計可能なNi-Ptナノ粒子の創製と触媒活性評価: 日本化学会第94春季年会(2014) 長尾 歩、岩本多加志、ジョン クヤ、前之園信也、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン
    2014年02月05日
    ポリオール還元法による導電性ナノ粒子・ナノワイヤーの合成技術開発: 学際科学フロンティア研究所 FRIS 第67回インフォーマル・セミナー
    2013年12月20日
    非水溶液法を用いた金属磁性ナノ粒子の合成: 生産技術振興会アライアンス委員会ナノ技術応用分科会講演会
    2013年12月6日
    金属脂肪酸塩を用いた無溶媒熱分解法による単分散CoFe2O4ナノ粒子の合成手法の確立: 資源素材学会関西支部会第10回『若手研究者・学生のための研究発表会』 高橋一真、柏木行康、高橋雅也、中許昌美、篠田弘造、ジョン クヤ、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン
    2013年12月6日
    Cu2ZnSnS4およびCu2ZnSn(S1?xSex)4半導体ナノ材料合成と特性評価: 資源素材学会関西支部会第10回『若手研究者・学生のための研究発表会』 北岸桂祐、岩本多加志、ジョン クヤ、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン
    2013年12月6日
    金属ナノ粒子触媒を用いたCVD法による炭素ナノ材料合成: 資源素材学会関西支部会第10回『若手研究者・学生のための研究発表会』 砂山裕貴、ジョン クヤ、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン
    2013年11月15日
    広範囲の交流磁界条件に適用可能なマグネタイトナノ粒子の物性と発熱特性: 平成25年度磁性流体連合講演会 德永充子、間宮広明、岩本多加志、宮村 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン、ジョン クヤ
    2013年07月13日
    交流磁場中で磁性ナノ粒子が形成する非平衡構造と癌温熱療法: 第12回CBSM2013 Conference for BioSignal and Medicine(CBSM)
    2013年07月13日
    改良型無溶媒熱分解法による超常磁性および強磁性マグネタイトナノ粒子合成: 第12回CBSM2013 Conference for BioSignal and Medicine(CBSM)
    2013年05月30日
    非水溶液プロセスを用いた無機ナノ材料開発: 資源・素材学会関西支部 平成25年度第3回常議員かい・総会・講演会
    2012年12月07日
    工学的応用を目指した白金ベース合金ナノ粒子合成技術開発: 平成24年度支部セミナー  「最近のセラミックスに関わる研究トピックス」
    2012年11月16日
    最適な発熱特性を有するマグネタイトナノ粒子の合成手法の確立と特製評価: 磁性流体連合講演会
    2012年11月16日
    脂肪酸塩を用いた熱分解法による単分散CoFe2O4ナノ粒子の合成と評価
    2012年11月16日
    無溶媒熱分解法によるマグネタイトナノ粒子合成における界面活性剤の挙動。

    最新 国際学会発表

    2019年9月13日NEW
    Shape and Size-dependent Magnetic Behavior of Magnetite Nanoparticles in Interaction-free System.  ; Balachandran Jeyadevan (Invited), : The VII Euro-Asian Symposium Trends in Magnetism (EASTMAG-2019), 08-13 September 2019, Ekaterinburg, Russia
    2019年9月13日NEW
    Plasmon Enhanced Photoluminescence in Ag NPs - Carbon Dots Nanocomposite Films with Organosilica Functionalization.  ; Kazumasa Suzuki (Saya Ueno, Hiroshi Miyamura, Balachandran Jeyadevan), : The 20th International Sol-Gel Conference (Sol-Gel2019), 25-30 August 2019, St.Petersburg, Russia
    2019年9月13日NEW
    Magnetic Properties of size and shape-controlled magnetite particles at the nanoscale.  ; Balachandran Jeyadevan (Invited), : 15th International Conference on Magnetic Fluids - ICMF 2019, 08-12 July 2019, Paris, France
    2018年9月3日
    Synthesis of Nickel Coated Copper Nanowires using Polyol Method.  ; Jhon L. Cuya (Iori Urushizaki, Hiroshi Miyamura, Suzuki Kazumasa, Jeyadevan Balachandran), : 3rd International Coference Polyol Mediated Synthesis, 25-27 June 2018, Madrid, Spain
    2018年9月3日
    In situ Spectroscopic Experiments to Analyze the Formation Mechanism of Ni-coated Cu NWs in Alcohol Solution System.  ; Kozo Shinoda ( Masahito Uchikoshi Masanao Ishijima, Jhon L. Cuya Huaman, Balachandran Jeyadevan), : 3rd International Coference Polyol Mediated Synthesis, 25-27 June 2018, Madrid, Spain
    2018年9月3日
    Magnetic Properties of Compositional Controlled Co-Pt Nanoparticles Synthesized by Alcohol Reduction Method.  ; Mayu Katagiri ( Jhon L. Cuya, Suzuki Kazumasa, Hiroshi Miyamura, Jeyadevan Balachandran), : 3rd International Coference Polyol Mediated Synthesis, 25-27 June 2018, Madrid, Spain
    2018年9月3日
    Enhancement Effect on Fluorescence Emission and Raman Scattering using Densely Packed Thin-Films of Plasmonic Nanoparticles.  ; Tsuyoshi Akiyama ( Shoto Banya, Natsuki Koyama, Yusuke Matsumiya, Balachandran Jeyadevan, Takeo Oku), : 3rd International Coference Polyol Mediated Synthesis, 25-27 June 2018, Madrid, Spain
    2018年9月3日
    Synthesis of High Yield Ni-Pt Nanostructures with Controllable Composition by using Alcohol Reduction Technique.  ; Kaneyuki Taniguchi ( Kozo Shinoda, Masahito Uchikoshi, Jhon L. Cuya, Kazumasa Suzuki, Hiroshi Miyamura, Balachandran Jeyadevan), : 3rd International Coference Polyol Mediated Synthesis, 25-27 June 2018, Madrid, Spain
    2018年9月3日
    Criteria for the Selection of Metal Precursor and Polyol for Effective Synthesis of Metallic Nanostructures.  ; Jeyadevan Balachandran1 (Hisashi Kaneko, Takayoshi Matsumoto, Jhon L. Cuya, Kazumasa Suzuki, Hiroshi Miyamura), : 3rd International Coference Polyol Mediated Synthesis, 25-27 June 2018, Madrid, Spain
    2018年9月3日
    Synthesis of Metallic Nanowires by using Polyol Method. (Invited) ; Jhon L. Cuya (Jeyadevan Balachandran), : 3rd International Coference Polyol Mediated Synthesis, 25-27 June 2018, Madrid, Spain
    2018年9月3日
    Development of liquid sample reaction cell for elucidation of functional nanoparticle generation process by in situ XAS/UV-vis simultaneous measurements. ; Kozo SHINODA, Masahito UCHIKOSHI1, KaneyukiTANIGUCHI, Balachandran JEYADEVAN, : 17th International Conference on X-ray Absorption Fine Structure, 22-27 July 2018, Krak?w, Poland
    2018年9月3日
    In-situ UV-Vis and XAS Measurements of Oxidation States and Structural Changes of Metal Complexes in Non-aqueous Solution During the Formation of Ni-coated Cu NWs. ; Shun Yokoyama, Kozo Shinoda, Masahito Uchikoshi, JhonCuya, Hiroshi Miyamura Balachandran JEYADEVAN,   : 17th International Conference on X-ray Absorption Fine Structure, 22-27 July 2018, Krak?w, Poland
    2017年5月16日
    Towards Comprehension of the True Magnetic Properties of Magnetite at Nanoscales.(Invited); J. Balachandran[1], H. Fukumoto[1] and H. Mamiya[2],  [1]Materials Science, The University Shiga Prefecture, Hikone, Japan; [2]National Institute of Materials Science, Tsukuba, Japan : INTERMAG Europe 2017, IEEE MAGNETICS, 24-28 April 2017, Dublin, Ireland
    2017年5月16日
    Porous iron oxide particles with heat generation ability under alternating magnetic field.; S. Fujieda[1], Y. Imaizumi[1], Y. Hayasaka[1], T. Akiyama[1], K. Shinoda[1], J. Balachandran[2]and S. Suzuki[1],  [1] Tohoku University, Sendai, Japan; [2] The University Shiga Prefecture, Hikone, Japan : INTERMAG Europe 2017, IEEE MAGNETICS, 24-28 April 2017, Dublin, Ireland
    2017年3月30日
    The synthsis of silver nanowires in mono alcohol reduction system for transparent conductive films Shintaro Sugiyama[1], Jhon Cuya[1], Shun Yokoyama[2], Shohei Ida[1], Daisuke Kodama[3], Kimitaka Sato[3], Hiroshi Miyamura[1], Jeyadevan Balachandran[1] [1]The University Shiga Prefecture, [2]Tohoku University, [3]DOWA Electronics Materials Co.,Ltd :9th KIFEE International Forum for Environment and Energy, march 7-10, 2017, Kyoto City, Japan
    2017年3月30日
    Synthesis and investigation of the formation mechanism of Cu@Metal Nanowires by alcohol reduction technique Masanao Ishijima[1], Shun Yokoyama[2], Kozo Shinoda[2], Masahito Uchikoshi[2], Kenichi Motomiya[2], Jhon Cuya[1], Hiroshi Miyamura[1], Jeyadevan Balachandran[1]: 9th KIFEE International Forum for Environment and Energy, march 7-10, 2017, Kyoto City, Japan
    2016年8月7日
    One-pot synthesis of 1-D bimetallic nanomaterial by alcohol reduction technique Masanao Ishijima,*, Yuki Kato, Jhon Cuya, Hiroshi Miyamura, Jeyadevan Balachandran, : XIII International Conference on Nanostructured Materials, Nano 2016 August 7-12, 2016, Quebec City, Canada
    2016年8月7日
    Synthesis and Magnetic Properties of Silica-coated Isolated Magnetite Nanoparticles Balachandran Jeyadevan1, Hiroaki Mamiya2, Junpei Nishigaki1, Itsuro Furukawa1, Jhon Cuya1, and Hiroshi Miyamura1 1 The University of Shiga Prefecture,2 National Institute of Materials Science,: XIII International Conference on Nanostructured Materials, Nano 2016 August 7-12, 2016, Quebec City, Canada
    2016年7月19日
    Elucidation of formation mechanism of cobalt metal particles in cobalt-ethylene glycol system Hisashi Kaneko, Kazuma Takahashi, Jhon Cuya, Hiroshi Miyamura, Jeyadevan Balachandran: 2ndInternational Conference of Polyol Mediated Synthesis, The University of Shiga Prefecture, Hikone, Japan, July 11-13, 2016,
    2016年7月19日
    Elucidation of the Reaction Scheme for Polyol Process in the Case of Cobalt-Ethyleneglycol System Kazuma Takahashi, Hisashi Kaneko, Jhon Cuya, Hiroshi Miyamura, Jeyadevan Balachandran: 2ndInternational Conference of Polyol Mediated Synthesis, The University of Shiga Prefecture, Hikone, Japan, July 11-13, 2016,
    2016年7月19日
    The role of active species of ethylene glycol on dissolution and reduction of cobalt ions in polyol process Takatoshi Matsumoto,a Kozo Shinoda,a Jhon L. Cuya Huaman,b Jean Y. Piquemalc and Balachandran Jeyadevan: 2ndInternational Conference of Polyol Mediated Synthesis, The University of Shiga Prefecture, Hikone, Japan, July 11-13, 2016,
    2016年7月19日
    Growth Mechanism of Ni-Pt Nanoparticles with Cage Structure A. Nagao, K. Higashimine, J. L. Cuya Huaman, T. Matsumoto, Y. Inoue, S. Maenosono, H. Miyamura, M. Koyama and B. Jeyadevan: 2ndInternational Conference of Polyol Mediated Synthesis, The University of Shiga Prefecture, Hikone, Japan, July 11-13, 2016,
    2016年7月19日
    Designed Nanostructures of Ni-Pd Nanoparticles Synthesized by Alcohol Reduction method S. Egawa, K. Higashimine, J. L. Cuya Huaman, S. Maenosono, H. Miyamura, and B. Jeyadevan: 2ndInternational Conference of Polyol Mediated Synthesis, The University of Shiga Prefecture, Hikone, Japan, July 11-13, 2016,
    2016年7月19日
    Synthesis of copper nanowires by using Cu(NO3)2-PVP-EG system Iori Urushizaki, Jhon CUYA, Hiroshi Miyamura, Jeyadevan Balachandran: 2ndInternational Conference of Polyol Mediated Synthesis, The University of Shiga Prefecture, Hikone, Japan, July 11-13, 2016,
    2016年7月19日
    Study of Ag nanowire synthesis mechanism by polyol process using vinylpyrrolidone based copolymers Shun Yokoyama, Shintaro Sugiyama, Balachandran Jeyadevan: 2ndInternational Conference of Polyol Mediated Synthesis, The University of Shiga Prefecture, Hikone, Japan, July 11-13, 2016,
    2016年7月19日
    Role of capping agent on the synthesis of Ag NWs in mono-alcohol reduction system Shintaro Sugiyama, Shun Yokoyama, Cuya Jhon, Shohei Ida, Daisuke Kodama, Kimitaka Sato, Hiroshi Miyamura, Yoshitsugu Hirokawa and Balachandran Jeyadevan: 2ndInternational Conference of Polyol Mediated Synthesis, The University of Shiga Prefecture, Hikone, Japan, July 11-13, 2016,
    2016年7月19日
    One-pot synthesis of Ni coated Cu nanowires by alcohol reduction technique Masanao Ishijima, Yuki Kato, Jhon Cuya, Hiroshi Miyamura, Jeyadevan Balachandran: 2ndInternational Conference of Polyol Mediated Synthesis, The University of Shiga Prefecture, Hikone, Japan, July 11-13, 2016,
    2016年7月19日
    Synthesis of Cu100-xNix (x=0-100 %) Nanoparticles by Alcohol Reduction Method Jhon L. Cuya Huaman, Shinya Sasaki, and Balachandran Jeyadevan: 2ndInternational Conference of Polyol Mediated Synthesis, The University of Shiga Prefecture, Hikone, Japan, July 11-13, 2016,
    2015年12月22日
    POTENTIAL NON-AQUEOUS TECHNIQUE FOR THE SYNTHESIS OF METALLIC NANOMATERIALS B. Jeyadevan: 3rd International Conference on Nanoscience,Nanotechnology and Nanobiotechnology, Brazil Brasilia : 14-18 December , 2015
    2015年12月15日
    Synthesis of Ag NWs Using Mono Alcohol - Silver Nitrate - Copolymer System Shintaro Sugiyama, Jhon Cuya, Shohei Ida, Daisuke Kodama, Kimitaka Sato, Hiroshi Miyamura, Yoshitugu Hirokawa, Balachandran Jeyadevan: 2015 MRS Fall Meeting & Exhibit, Boston-Massachusetts-USA : November 29-December 4, 2015
    2015年12月15日
    Synthesis of Ag NWs Using Mono Alcohol - Silver Nitrate - Copolymer System Shintaro Sugiyama, Jhon Cuya, Shohei Ida, Daisuke Kodama, Kimitaka Sato, Hiroshi Miyamura, Yoshitugu Hirokawa, Balachandran Jeyadevan: 2015 MRS Fall Meeting & Exhibit, Boston-Massachusetts-USA : November 29-December 4, 2015
    2015年12月15日
    Preparation and Thermal Conductive Properties of Silver Nanowire Dispersed in Magnetic Functional Fluid Takuya Naito, Jhon Cuya, Hiroki Yokoyama, Yasushi Ido, Atsushi Yoshioka, Yuhiro Iwamoto, Hiroshi Yamaguchi, Kimitaka Sato, Hiroshi Miyamura, Balachandran Jeyadevan.: 2015 MRS Fall Meeting & Exhibit, Boston-Massachusetts-USA : November 29-December 4, 2015
    2015年12月15日
    Solution-Based Synthesis and Optical Property Evaluation of Cu2ZnSn(S1-xSex)4 Nanoparticles Jhon Lehman Cuya Huaman, Keisuke Kitagishi, Tsuyoshi Akiyama, Hiroshi Miyamura, Maurice Nuys, Stefan Muthmann, Balachandran Jeyadevan: 2015 MRS Fall Meeting & Exhibit, Boston-Massachusetts-USA : November 29-December 4, 2015
    2015年4月22日
    Contributed - Preparation and Magnetic Properties of Interaction-free Magnetite Nanoparticles M. Fukunaga, I. Furukawa, Jhon Cuya, H. Mamiya and B. Jeyadevan: ICM2015, Barcelona-Spain : 5-10 July
    2015年4月22日
    Invited - Can the Synthesis Technology and Properties of Magnetite Nanoparticles Cater the Needs of Biomedical Applications? H. Mamiya and B. Jeyadevan: ICM2015, Barcelona-Spain : 5-10 July
    2015年4月22日
    Synthesis and Magnetic Properties of CoPt(core)-Fe/FeCo(shell)Nanoparticles Jhon L. Cuya Huaman, Hiroshi Miyamura, Shunji Ishio, and Jeyadevan Balachandran: ICM2015, Barcelona-Spain : 5-10 July
    2014年012月05日
    Invited Talk - Novel Nanoparticles and Nanowires using Polyol/alcohol-based Synthesis Techniques: 8th International Conference on Energy-Materials-Nanotechnology, Orlando Florida USA : 22-25 November
    2014年07月20日
    Development of Synthsis Technology for Particles Suitable Magnetic Hyperthermia in Wide Magnetic Field and Frequency Range: 2014 Japan-Taiwan Conference on Magnetic Nanoparticles for Biomedical Applications, Taipei Taiwan
    2014年07月20日
    Nanostructural and magnetic Studies on magnetic nanoparticles in large alternating magnetic fields: 2014 Japan-Taiwan Conference on Magnetic Nanoparticles for Biomedical Applications, Taipei Taiwan
    2014年06月22日
    Reduction scheme for polyol process in the case of cobalt and ethylene glycol: 1st International Conference on Polyol Mediated Synthesis, Universite Paris Diderot (パリ第7大学), 2014年6月22日(日)から25日(水),Paris France
    2014年06月22日
    Structural analysis of Co complexes in ethylene glycol-Co system using x-ray absorption spectroscopy: International Conference on Polyol Mediated Synthesis, Paris France
    2014年06月22日
    Synthsis of pure Cu2O nanoink in 1-heptanol: International Conference on Polyol Mediated Synthesis, Paris France
    2014年03月26日
    Magnetic Fluid Hyperthermia: Challenges and Future Prospects from Material Perspective: 2014IEEE Mag.Soc. Distinguished Lecturer Rudolf Scharfer 氏を迎えた講演会, 中央大学
    2013年06月30日
    Magnetic Fluid Hyperthermia ? Challenges and Prospects: ICMAT 2013 7th International Conference on Materials for Advanced Technologies, Singapore
    2013年06月30日
    Synthesis of Morphology Controlled Multi-Walled Carbon Nanotubes Using Metallic Iron Nanoparticles as Catalysts: ICMAT 2013 7th International Conference on Materials for Advanced Technologies, Singapore
    2013年06月24日
    Modified Solvent-free technique to synthesize monodispersed magnetite nanoparticles in wide size range
    2013年04月24日
    Synthesis and Properties of Monodisperse CoFe2O4 Nanoparticles by Thermolysis of Alkylcarboxylates:The 11th International conference on Ferrites (ICF 11) K. Takahashi, J. Cuya, Y. Kashiwagi, M. Takahashi M. Nakamoto, K. Shinoda, B. Jeyadevan

    最新研究トピックス 【NEW】